Strict Standards: Redefining already defined constructor for class Object in /var/www/showroom/cake/libs/object.php on line 54

Strict Standards: Non-static method Configure::getInstance() should not be called statically in /var/www/showroom/cake/bootstrap.php on line 38
吉靴房(キッカボウ)
吉靴房

FEATURES

  • ひとえモカ(先オパ)

    ¥49,350
    ひとえ あえて平仮名にしましたが、漢字では「単」です。 新たなシリーズとして形成したこのひとえは爪先からカカトまで堅牢な一枚革で形成...
  • 革下駄 黒 丸

    ¥25,200
    革下駄は靴屋の視点から日本の代表的な履き物である下駄を作り上げたものです。 デザインとして目を引く爪先の曲線が足に吸いつくような履き...

Concept / Profile

吉靴房

日本には沓、ぞうりという独特の文化があり、ヨーロッパには靴という文化があります。吉靴房はその両者を融合させ、日本ならではの靴、履物を製作する京都の靴工房です。
靴の素材は主にヌメ革。使い込むほどに風合いを増す味わい深い素材です。ヌメ革の肌触りは、たとえていうなら「ひんやりした畳に素足が触れた時のような感触」に近く、人肌によくなじむ履き心地です。
”普段着ているものに合う。そして着物にあう”。吉靴房はそんな特別な靴を提供します。


公式サイト
http://www.kikkabo.jp/

 1975年愛知県に生まれ、静岡県藤枝市にて育ちました。学生時代から剣道に明け暮れる毎日を過ごしていましたが、24歳のころに剣道を離れて靴の町・浅草へ。浅草では女性のエレガンス靴を製作するメーカーに勤め、製造企画を担当しながら、靴づくりの技法を半ば独学で身につけました。
 ヨーロッパからの輸入文化としての「靴」ではなく、日本、そして京都という土地の風土気候や歴史に合わせて独自の履物づくりをしたい。そんな考えに駆られて、京都西陣にアトリエ兼ショップ「吉靴房」を開設したのは2006年2月のことでした。以来、古くからある和のデザインを取り入れながら、日本で靴をつくることの意義を追い求め、吉靴房のものづくりに励んでおります。

contact

If you need to contact the first time, please fill out the following. (Only for unregistered OC-X)